美容整形に保険適用

女の人

美容整形と聞くと保険外診療のイメージが強く、費用が高いと思われがちです。しかし最近ではプチ整形といって、永続性がない代わりにリスクもほとんどなく費用も安い施術があるため、最近ではそのイメージも少しずつ薄れてきています。また、意外と知られていない点では、仙台の美容外科で受けることができる施術の中でも、保険が適用できるものがあるということです。美容整形は基本的に治療ではなく外見を美容目的で変えるものであるため、保険適用はされない施術がたしかに多いです。美容外科でも保険が適用できる可能性があるものとしては、眼瞼下垂や逆さまつげ、一部のほくろ除去などがあります。眼瞼下垂は目の周囲の筋肉異常でまぶたが開きにくくなってしまう状態です。頭に重さを感じたり肩こりを感じたりといった症状が併発して生活に影響がでてしまうため、治療扱いとして保険が適用されます。逆さまつげについても同じくまぶたに問題がある場合の症状です。まぶたの縁が内側にまくれ込んでしまうことによって、まつげが目の角膜を傷つけてしまいます。先天性であるものと加齢によってまぶたの皮膚がたるみ、眼輪筋が衰えることによって症状が出る場合があります。どちらの場合にも国の規定で治療が必要と判断されているため、保険が適用されます。しかし、ほくろに関しては全てのほくろに適用されるというわけではありません。保険適用の範囲でできるほくろの除去は、悪性の疑いが高いほくろにのみである場合が多いです。美容外科によって様々で、仙台の美容外科でも判断基準が違うところもあるので、ほくろの除去を検討する場合は確認しておくようにしましょう。判断基準は主に3つで、ほくろの大きさで決める場合、ほくろの形状で決める場合、患者本人の意思を重視する場合があります。悪性のほくろは大きさが一定ではなく、徐々に大きくなっていくため判断がしやすいです。大きさでの判断の場合は、美容外科によって規定は異なりますが数ミリ以上の大きさで病理検査扱いとなってメス切除縫合で保険診療となる場合があります。形状での判断だと大きさよりも判断がしやすいです。通常のほくろは円形ですが、悪性のほくろの場合は楕円になったり、円形ではなく形がいびつだったりすることがあります。意志を尊重する場合は、治療目的なのか美容目的なのかで判断をします。

鏡を見る人

失敗しない美容外科選び

仙台で美容外科を選ぶ時は、料金よりも先に美容外科の医師をチェックしましょう。施術を行おうとしている分野の専門で安定した実績がある医師であれば、施術を受けた後もイメージ通りの仕上がりが期待できます。

Read More

婦人

整形についての間違い

仙台でもよく間違われやすい、整形外科と形成外科、美容整形外科の違いについて紹介しています。特に形成外科と美容整形は間違われやすいので、しっかりと把握しておくようにしましょう。

Read More

レディ

ほうれい線を改善する

ほうれい線の美容整形は仙台の美容外科でも人気の施術です。特に最近では手軽さと費用の安さから、プチ整形の中でもヒアルロン酸やプラセンタなどの薬剤注射が注目を浴びています。

Read More

相談

ダウンタイムに気をつけよう

仙台でも行われている美容整形には、ダウンタイムというものが存在しています。ダウンタイムの期間を見越して施術のスケジュールを立て、施術後も医師の指示に従い処置や日々のケアを怠らないようにしていきましょう。

Read More

ドクター

症例写真を参考にする

仙台で美容整形を検討する際、医師探しの際に症例写真を参考にするのが有効です。好みの仕上がりが多い医師を選ぶことで、比較的に安定して思い描いている仕上がりに近づけてくれます。

Read More

Go to Top