ダウンタイムに気をつけよう

相談

仙台でよく行われている美容整形には多かれ少なかれ、ダウンタイムというものが存在します。ダウンタイムというのは美容整形の施術から、日常生活が通常通り行えるようになるまでの期間のことです。施術によって大きく差があり、半日程度の短いものから数週間程度の長いものまであります。この期間中は施術部位に様々な症状が出ることがあります。社会人になるとなかなか長い間会社を休むということが難しく、ダウンタイムを見越して長期の休みを入れてから仙台の美容整形外科で施術を受ける人が多いです。顔の整形であれば部分によってはマスクで隠すこともできますので、マスクを取らずに済む仕事や日常的にマスクが必要となる職業の場合は、ダウンタイム中も出勤して仕事している人も居ます。
ダウンタイムでよくある例としては、まず美容整形後に痛みを感じる場合です。切開などの施術の場合、施術後に痛みが引くまでの間は痛み止めを服用することもあります。また、腫れや内出血もダウンタイムに含まれます。目立つ部位に腫れや内出血が出そうな施術を行う場合は、仙台で美容整形を検討してカウンセリングを受ける際に、程度や期間がどのくらい続くのかを確認しておくようにしましょう。例えば脂肪吸引は施術の性質上、広範囲に内出血の症状が出るものとなるので、期間中は圧迫下着の着用が義務付けられている事もあります。他にも、糸を使った美容整形の時には施術後の抜糸が必要となります。抜糸までの期間は約5日~7日ですが、この期間中もダウンタイムとして扱われます。糸の中にも抜糸を行わなくても済む溶ける糸といったものがありますが、この糸は溶けるまでに3週間から4週間ほどの時間がかかってしまいます。ダウンタイムの中でも長いものとなってしまいますので注意しましょう。なお、ダウンタイム中は医師の指示に従い、適切な処置を行っていく必要があります。この処置を怠ってしまうと最終的な仕上がりで満足がいかない結果に繋がってしまう可能性もあるので、医師の指示に従って適切な処置を怠らないようにしていきましょう。仙台だけではなくどこの美容整形外科でも言えることですが、施術をして終わったら整形完了というわけではありません。ダウンタイムを乗り切って仕上がってからこそ、はじめて整形完了となるのです。

Go to Top