ほうれい線を改善する

レディ

仙台の美容整形でもほうれい線を消すための施術は人気です。ほうれい線は実年齢よりも老けて見えやすくなってしまうため、コンプレックスに感じてしまう女性は仙台でも少なくありません。そのため、美容整形で改善しようとする人は年々増えてきています。昨今は美容整形の中でもほうれい線対策としてプチ整形が浸透してきていて、コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタといった成分を注入することで改善させていく方法が主流です。注入される薬剤はどれも美容のために利用される成分ですが、この3つの成分には明確な違いがあります。
コラーゲンはたんぱく質の1種で、牛や豚などの動物由来のものを利用します。シワやたるみなどの気になるところに注入することで肌を内側から盛り上げるようにして目立たなくする効果が期待できます。ただ動物由来のコラーゲンはアレルギーを起こす可能性もあるため、まずは少量の薬剤を投入してテストをしてからの施術となります。次にヒアルロン酸ですが、ヒアルロン酸は人工的に作られたもので水分を多量に含むことができる性質を持っています。注入した部分からふっくらとした肌にしていき、シワやほうれい線を目立たなくする効果が期待できます。コラーゲンのようにアレルギーを起こす事がないのも魅力です。3つ目のプラセンタは他の2つとはすこし毛並みが違って、ヒトの胎盤が原料となっています。コラーゲンやヒアルロン酸のように直接的にシワやたるみに影響するのではなく、体内にあるコラーゲンやヒアルロン酸の生成をサポートして、増加したコラーゲンやヒアルロン酸によってシワやたるみを解消していくという効果が見込まれています。他にも、プラセンタには血行促進、抗炎症作用、抗老化作用などの健康的に役立つ作用があるため、アンチエイジングの強い味方となっています。こうした仙台の美容外科で行っている薬剤注射はどれも永続性があるものではありませんが、即効性と注射をするだけといった手軽さに優れています。仙台の美容整形で扱われている施術の中でも1回のコストが一番安く済むといったところも人気の秘訣です。

Go to Top