整形についての間違い

婦人

最近では仙台でも「整形」というと美容整形のイメージが浮かぶ人が増えてきています。本来整形外科とは怪我や病気によって損なわれた運動能力の治療を行うものです。整形外科では主な治療内容としては、骨や関節、筋肉などの病気や怪我を治療したりリハビリを行ったりするのを目的とされていて、同じ「整形」でも全く異なります。しかし医療でも美容整形の元となっているものがあります。それが形成外科で、形成外科では先天性の異常や外傷による変形の治療や、怪我によって生じた痣や顔の歪みの治療などを行っています。この技術を美容に特化して応用されたのが、世間一般でいう「整形」である美容外科です。美容外科は治療行為ではなく美容目的での施術であるため、医学では1つの分野として認められていません。美容外科は医師免許を保有していれば誰でも「美容外科医」を名乗ることが出来ます。そのため、仙台でも管理体制がしっかりしていて安心ができる大手の美容整形外科を利用される場合が多いのです。特に対応できる範囲から形成外科と美容整形は間違われやすいものですが、仙台には整形外科・形成外科・美容整形のどれもありますので、仙台で医療機関を利用する時のためにしっかり把握しておくようにしましょう。大まかな把握の仕方として、外見に対して「治療目的」であれば形成外科、美容目的での外見の改善であれば美容整形となります。わかりやすい例では、怪我などで変わってしまった顔の形状を改善させるという内容であれば形成外科、一重のまぶたを二重まぶたにしたいという内容であれば美容整形の範囲となります。

Go to Top